無線式重機追突防止警報システム3

無線式重機追突防止警報システム3

生産終了品

 

 

フォークリフトや重機が見通しの悪い構内の交差点や曲がり角、出入り口に近づくと、電波センサーを使って自動的にパトランプをまわして周囲の作業員や他の重機にフォークリフトの接近を警告します。

 

工場や倉庫内の見通しの利かない交差点や曲がり角、出入り口付近にパトランプ付き警報盤を取り付けます。

 

電波発信機を取り付けたフォークリフトが接近すると、パトランプが自動的に回転して周囲の他のフォークリフトや作業員に接近警告アラームを発します。

 

発信機を取り付けた重機が離れてパトランプに電波が届かなくなるとパトランプは自動停止します。

 

無線式重機追突防止警報システム3

 

 

工場や倉庫の走行中のフォークリフトどおしの追突、作業員との接触の危険の不安を解決します。
リフトが走り回る工場や倉庫、構内の交通事故防止、労働災害防止、衝突防止対策にご利用いただけます。

 

工場や倉庫の走行中のフォークリフトどおしの追突、作業員との接触の危険の不安を解決します。

 

 

信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て、開発が行われている本格派システムです。

無線式重機追突防止警報システム3の機器構成

重機用送信機
重機用送信機(電波発信機)
フォークリフトの屋根の上など見晴らしのいい電波の飛びやすい位置に設置固定してください。
送信機の裏側には強力な磁石が付属しているのでリフトの屋根などに簡単に接着できます。 電池を入れスイッチを入れれば作動します。
重機用送信機は周囲に電波が飛びやすリフトの屋根の上などに固定します。重機用送信機(電池式、DC12V、DC24V電源仕様)とも同じです。

 

周波数315Mhz帯-微弱無線
電源:単三電池2本(市販の充電式電池もご利用いただけます。)
電池寿命:1日10時間使用で約30日間
115φx100mm
約380g(電池を含む) 屋内用

 

外部電源方式の重機用送信機
重機用送信機DC電源タイプ(外部電源方式)。
フォークリフトのバッテリから直接電源をとる送信機です。
DC12V電源、DC24V電源、DC48V電源の指定電源仕様の送信機も製作できます。 上の写真はDC12V電源の納品例。
電源ケーブル4m付属。

 

 

 

パトランプ付き警告受信機
パトランプ付き警告受信機
フォークリフトに取り付けた無線送信機からの電波を受信するとパトランプを自動的に回転させます。 パトランプは電波が届かなくなると自動的に停止します。
重機やフォークリフトが頻繁に通る見通しの悪い通路や交差点、先の見えにくい出入り口の壁などに設置して ご利用いただけます。
電源AC100V(標準品)

 

パトランプの駆動と同時にアラーム音の鳴動するタイプも製作できます。0〜100デシベルの間で音量調節出来るボリューム調整つまみ内蔵。

 

受信機の感度調整ダイアル
受信機ケース内に感度調整ダイヤル内蔵。 感度調整範囲は約3m〜約15m前後まで。
電源:AC100V

 

警告受信機本体のサイズ
縦21センチ×横16センチ×奥行き10センチ
※回転灯、電源ケーブルは含まれません。
※性能向上のため概観が変更になる場合がございます。
※2017年12月1日現在

 

 

無線送信機と警告受信機の動作距離は、受信機内部の動作距離調整ダイヤルで調整できます。

 

動作距離の調整
動作距離はご利用場所の環境によって変わる場合がございます。
感度はペン型受信機の側面の動作距離調整ダイヤルで調整してください。
感度調整範囲は約3m〜約15m前後まで。 通常はダイヤル1〜9の間で調整します。

 

大まかな受信感度の目安
ダイヤル1 約3m
ダイヤル4 約8m
ダイヤル7 約12m
ダイヤル9 約15m以上
表蓋の裏側にボールペンのような機器がついています。こちらの機器の横に感度調節のダイヤルがついています。

 

 

※微弱電波
周波数は300MHz帯が多く使われます。本製品は310〜320MHz帯を使用しています。
微弱電波は携帯電話の1/100以下の出力です。

 

本製品は安全対策の補助装置としてご利用ください。万が一の動作不良や誤作動によってもたらされた損害につきまして原因に種類に関わらず弊社は責任を負うことはできませんのでご了承をください。

使用方法

1.無線送信機(電池式)に単三電池2本を電池を装着した後に、表蓋の電源スイッチをオンにすると電波の発信が始まります。

 

2.固定式回転灯警告受信機の電源プラグをコンセントに差し込みます

 

3.無線送信機を受信機に近づけます。電波が受信できる場所で回転灯が回転するかどうかを確認してください。

 

4.受信機内部の感度調節ダイヤルを回して現場の状況に応じて動作距離を調節し、動作を確認してください。

利用例

段ボール工場構内のパレット置き場をフォークリフトが出入りします。
置き場には検品作業者がいるため、リフトが接近した際には、エリア内で警報音発生&点灯させて作業者がそれに気付くシステム。作業員側が警報によって注意して、リフトを自ら避ける様にするための労災防止。

 

 

固定式回転灯警告受信機に出力端子を追加する事が可能です。
AC100V出力端子、無電圧a接点出力端子、DC12V出力端子(DC電源のランプ、LED照明、LEDライトバーなど)など。予算はご相談ください。
送信機が受信機に近づくと自動的に受信機から接点出力もしくはAC100V出力がされ、 送信機が受信機から離れると出力が自動停止する、という運用動作となります。回転灯を外して、接点出力のみの仕様にすることもできます。
固定式回転灯警告受信機に出力端子を追加する事が可能です

 

AC100V出力端子は、少し離れた場所でもう1台パトランプを同時に回転させる時などに使用します。
回転灯と受信機は電源ケーブルで接続します。受信機の端子台からは追加の回転灯の電源用AC100Vを出力します。
少し離れた場所でもう1台パトランプを同時に回転させる時
重機が近づくと同時に2カ所でパトランプが作動します。受信機の中に2台目の回転灯用のAC100V出力端子を追加します。※出力端子増設には改造費用がかかります。

 

 

警告受信盤から離れた場所で回転灯を回す。
受信盤の中のAC100V出力端子の回転灯の電源ケーブルを差し込みます。
受信盤は屋内、回転灯は屋外設置の場合のイメージ図。回転灯は複数台も可能です。ご相談ください。
警告受信盤から離れた場所で回転灯を回す

 

 

ホーンスピーカ型音声合成警報器内蔵電球回転灯を受信盤に接続して使いますと予め登録された単語を並び替えてランプの回転と同時にアナウンスを流す事ができます。
(コメント例)
車 出庫します ご注意ください
ピンポン 出庫します ご注意ください
ピンポン コンベアーライン 起動します
ピンポン コンベアーライン 起動します
ピピピ 搬送車 緊急停止 緊急停止
ボリューム調節も可能です。
ランプの回転と同時にアナウンスを流す事ができます

価格例

生産終了品

 

無線式重機追突警告システム3基本セット

 

 

本商品は受注生産品のため、納期は御注文後2週間前後のご猶予をお願い申し上げます。
商品についてのご質問とお問い合わせ、御注文は下記のお問い合わせ欄をご利用ください。 商品につきましてご質問がございましたら、下の送信欄でお気軽にご質問ください。

 

 

商品のお問い合わせ先はこちら。
株式会社 LIBERO (リベロ)
〒937-0811 富山県魚津市三田3507-2
TEL:0765-24-2816
FAX:0765-24-2793
post@anzen-mail.com

 

 

個人情報の取り扱いについて。
お名前、住所、メールアドレス、内容などプライバシーに関連するものは差し出し人の許可なく外部へは漏らしたり転用したりするような事はございません。

 

さらに詳細な商品説明のホームページとお問い合わせはこちらをクリックしてください
さらに詳細な商品説明のホームページとお問い合わせはこちらをクリックしてください。

商品への質問と回答

質問 警報受信機は台車の上に置いて移動してもいいですか?
穴開け・アンカーボルトの設置が出来ないため、より作業員に近い位置に警報器を設置するための台(移動可)を手作りで用意する必要があると思われます。
→警報受信盤を移動式にするのはあまりおすすめできません。発信側、受信側の両方の位置が変わりますと、安定した動作ができない可能性がございます。

 

質問 警報受信盤を柱の上の方に設置すると、作業員から回転灯の点滅が見えにくくなります。何か解決方法はありますか?
受信盤の位置が高所になる場合、回転灯は標準の小型LED回転灯よりも大きな、大型電球回転灯をご利用された方が視認性はよろしいかもしれません。
また、受信盤事態電波を受信しやすい高所に取付して、回転灯のみ電源ケーブルで伸ばして、目視しやすい下の位置に取り付けるという方法もございます。

 

質問 警報アラーム音ではなく人の音声アナウンスを発する様にカスタマイズする事は可能ですか?
可能です。受信盤に取り付ける回転灯の機種を取り替えることで対応しております。
ホーンスピーカ型音声合成警報器内蔵電球回転灯、というランプを受信盤に接続して使いますと、予め登録された単語を並び替えて、ランプの回転と同時にアナウンスを流す事ができます。
(コメント例)
車 出庫します ご注意ください
ピンポン 出庫します ご注意ください
ピンポン コンベアーライン 起動します
ピンポン コンベアーライン 起動します
ピピピ 搬送車 緊急停止 緊急停止
ボリューム調節も可能です。

 

 

質問 重機用送信機とパトランプ付き警告受信機を後日追加できますか?
重機用送信機とパトランプ付き警告受信機とも後日に台数の追加可能です。納品に際は、製品に独自IDコードを記載したシールを追加機器に貼り付けで納品いたします。このIDコードに合わせた機器をご購入いただければ既存の追突防止システムに連動して動くようになります。

 

質問 屋外で使用することはできますか?
ご要望をいただけましたら屋外でも使用できるように防雨加工をする事ができます。ご相談ください。

 

質問 防爆仕様の機器はありますか?
今のところ防爆仕様の機器はご用意できておりません。

 

質問 RFタグ(120〜130kHz)と混信しませんか?
本製品の周波数は微弱無線310〜320Mhz帯を使用しています。周波数が異なりますので混信する事はないと思います。

 

質問.回転灯警告受信機の音色は?
回転灯警告受信機のサイレンの音色は、1色タイプと、6色のうちから1色選択できるタイプ、の2タイプ製作できます。

 

音色1色タイプ
ピユッツ、ピユッツ、ピユッツ、と短い間隔で繰り返します。

 

6色より1つを選択するタイプの音色
1.ピユッツ、ピユッツ、ピユッツ、....
2.ビッ、ビッ、ビッ、....
3.プワッ、プワッ、プワッ、....
4.ピーポー、ピーポー、ピーポー....
5.ピュッ、ピュッ、ピュッ、(短い間隔)
6.ウイー、ウイー、ウイー、
上のうち1つをサイレンボックスの操作で選択できます。

 

※いずれも注意を喚起する感じの音です。耳障りのいい音ではありません。

 

 

無線式重機追突警報システム3への質問記事一覧

取付上のご注意

重機用送信機の取付の際の注意点。
重機用送信機は周囲に電波が飛びやすいフォークリフトの屋根の上に設置してください。
ケースから突き出たケーブル形状の電波を発信するアンテナは、フォークリフトの進行方向に向けて取り付けてください。 重機用送信機を横倒しにしたり逆さまにした状態で取り付けると、電波が周囲に飛びにくくなる場合がございます。

 

 

※使用上のご注意
微弱電波の性格上、送信機と受信機の位置関係、 角度、周囲の環境(建物や障害物)で動作距離は変わります。
ご利用の際は、現場での環境によりこまめに感度調整をし、
ダイヤルが動かないようにテープなどでダイヤルを固定してください。

 

速い速度で移動するものにはおすすめできません。
飛行機の中では使用しないでください。
受信機は防雨仕様ではありません。水に濡らさないようにしてください。※標準品
送信機は防雨構造ではありません。雨の降っている状況ではご利用しないでください。※標準品

 

動作距離が短くなる状況の例
送信機、受信機との間に、金属、コンクリートなどの電波遮蔽物がある場合。
帰宅に強力な磁場を発生するものがあるとき。
(変電所、溶接作業、電車やバスなどの大型モーターなど)
放送局などの大型無線設備などがある場合。
電池が消耗してきた場合。
送信機を運転席内に設置した場合。

関連リンク

page top