携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置

携帯型ジャイロセンサー一人作業緊急無線通報装置-作業員が動かなくなると自動無線通報します。

一人作業中の熱中症や酸欠、作業中の事故や災害が発生し作業員が倒れて動けなくなったときに事務所や守衛室に無線で自動緊急連絡を可能にした安否確認システムです。
作業現場での体調不良、突然の事故で動けなくなった時、倒れて動けないとき、熱中症、酸欠状態が発生したときに自動的に離れた場所に警報を発します。

 

携帯型ジャイロセンサー一人作業緊急無線通報装置-作業員が動かなくなると自動無線通報します。

 

 

工場、製造業の現場、研究室、クリーンルームなど構内を移動しながら仕事をする作業員に最適の緊急連絡装置です。
工場、製造業の現場、研究室、クリーンルームなど構内を移動しながら仕事をする作業員に最適の緊急連絡装置です。
熱中症や酸欠状態、ガスの噴出等が心配される作業現場でのご利用もおすすめします。

 

密閉されたクリーンルール内での作業員の体調不良、仕事中の安全対策に
密閉されたクリーンルール内での作業員の体調不良、仕事中の安全対策に。

 

 

携帯発信器を装着した作業員が倒れて動かなくなる(60度以上の傾斜)と一定の時間経過後に発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行い、受信警報盤のブザーが作動します。

携帯式ジャイロセンサー発信器

携帯式ジャイロセンサー発信器

 

作業員が腰ベルトに携帯します。携帯電話サイズです。
ジャイロセンサーによる自動発報。もしくは押しボタンによる手動操作で緊急連絡を行います。

 

周波数 426Mhz帯
出力 特定小電力無線
重量 約105グラム 58×95×16ミリ

 

電池 単4電池2本(3V)
電池の保ち時間の目安:1日8時間使用で約1ヶ月間(※使用状況により変わります。)
バッテリ交換警告LED(電池LED)付き。
電波の届く距離 100〜120m
作業員が腰ベルトに携帯します。携帯電話サイズです。
作業員の腰ベルトに装着します。

 

携帯式ジャイロセンサー発信器
左から
電源スイッチ
電池電圧モニターLED
ジャイロ作動モニターLED
手動の緊急押しボタン(約2秒間長押しすると即警報が作動し、警報盤でアラーム音とフラッシングが作動します。)

 

 

以下のような2つの場合に警報アラームが作動します。

ジャイロセンサーによる作業員からの自動緊急通報

 

一定の時間、発信機が傾いて動かない状態が継続した時に作業員が倒れたと判断します。

 

以下 予告音ディレータイム30秒間、電波発信ディレータイム30秒間の設定動作。

 

1.ジャイロセンサー発信器を60度以上倒します。(人が倒れて動けない状態)。

 

2.傾斜したまま動かずに30秒間が経過すると携帯ジャイロ発信器からピーッピーッと予告音が鳴り始めます。

 

3.そのままの状態でさらに30秒経過すると、ピーッピーッ音のテンポが早くなり警報表示盤に向けて電波が自動発信されます。

 

4.電波を受けた警報表示盤が警告音とフラッシングをはじめます。
60秒以内に60度以上傾斜しない状態になるとタイマーは自動的にリセットされます。 待機状態に戻ります。

 

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置押しボタンによる.手動送信
押しボタンによる手動送信

 

携帯式ジャイロセンサー発信器押しボタンを3秒以上長押しした場合に緊急の電波が発信されます
ジャイロ発信機の警報が作動している間、ジャイロ発信機からピッツピッツ音が出ていますので、発見が容易です。

 

携帯式ジャイロセンサー発信器電池ボックス

警報表示盤(4チャンネル用)

警報表示盤(4チャンネル用)
4チャンネル用警報表示盤
事務所など人目につきやすい位置に設置します。

 

携帯式ジャイロセンサー発信器からの緊急無線電波を受けると100デシベルのアラーム音を発し、 上のランプを点滅させます。

 

表示 LED4表示(4チャンネル)
警報 内蔵ブザー
警報停止ボタン ランプ表示停止ボタン ランプテストボタン
電源 AC100V
寸法 300×230×90ミリ
材質 ABS

 

※無電圧a接点信号出力端子台を表示盤内部に増設加工することができます。

 

警報表示盤の独立受信アンテナ
独立受信アンテナ
電波の障害物を避けて送受信しやすい環境を作り出すことができます。
メインの警報受信盤本体は周囲から目視のしやすい位置に設置してください。
付属の独立受信アンテナは、携帯式ジャイロセンサー発信器もしくは中継機からの電波を受信しやすい周囲の見晴らしのいい位置、 天井の高い工場や倉庫の場合は天井近くの高い位置などに設置すると電波の受信環境が良くなります。
警報受信盤と独立受信アンテナはケーブルで結ばれます。標準のケーブルの長さは10m。ケーブルの長さはご相談をさせていただきます。

 

 

1チャンネル用警報表示盤

 

 

事務所と作業室の間に壁がある場合のイメージ図。
警報盤は目のつきやすい事務所内、独立した受信アンテナは作業員が仕事をしている工場側に設置します。
工場内で作業中の作業員が携帯する発信機の電波を受信しやすくします。かつ、事務所内で警報盤の発報を確認しやすくします。
警報盤は目のつきやすい事務所内、独立した受信アンテナは作業員が仕事をしている工場側に設置します

 

 

機械や商品が並ぶ天井の高い工場や倉庫の場合のイメージ図。
独立受信アンテナを周囲から見晴らしの利く天井付近(高い位置)に設置します。障害物を避けて作業中の作業員が携帯する発信機の電波を受信しやすくします。
警報アラームを発する警報表示盤は誰でも目視しやすい位置に設置します。
独立受信アンテナを周囲から見晴らしの利く天井付近(高い位置)に設置します。障害物を避けて作業中の作業員が携帯する発信機の電波を受信しやすくします

 

 

携帯式ジャイロセンサー発信器の登録 消去
携帯式ジャイロセンサー発信器は警報表示盤1台に最大30個まで登録可能です。
登録は1〜4チャンネルに振り分けて御利用いただけます。
1番のチャンネルにまとめて30個登録したり、2つのチャンネルに15個づつ登録して御利用いただくこともできます。
登録された内容は電源をオフにしても消去されません。
携帯式ジャイロセンサー発信器

中継機

中継機

 

ジャイロ携帯発信器の電波が警報盤まで届きにくい時にご利用ください。

 

受信周波数 426Mhz帯
送信周波数  426Mhz帯
出力 特定小電力無線
電源 AC100V
寸法 270×250×120ミリ
材質 ABS
電波の届く距離 100〜120m

 

電波を中継すると、真ん中の赤ランプが点灯します。

 

中継機は複数台をご利用いただけます。

 

ご注意
中継機を介して警報表示盤に着信すると、携帯式ジャイロセンサー発信器が発報してから 警報表示盤に着信するまでに数秒間のタイムラグが発生する場合があります。

 

 

 

携帯発信器と警報受信盤の間に中継機を2台配置する場合のイメージ図。
携帯式ジャイロセンサー発信器から発信される電波は、直接警報表示盤に着信、もしくは中継機No.1、No.2を介して警報表示盤に着信のいずれの方法でも着信させる事ができます。
中継機は使用環境に応じて複数台(2台以上)をご利用可能です。
携帯式ジャイロセンサー発信器から発信される電波は、直接警報表示盤に着信、もしくは中継機No.1、No.2を介して警報表示盤に着信のいずれの方法でも着信させる事ができます。

 

 

移動しながら遠くから受信盤近くまで来る作業員の携帯する携帯式ジャイロセンサー発信器の電波を中継機を複数台使用して警報盤に届かせるイメージ図。
受信盤のすぐ近くの場合は直接受信盤に着信します。
移動しながら遠くから受信盤近くまで来る作業員の携帯する携帯式ジャイロセンサー発信器の電波を中継機を複数台使用して警報盤に届かせるイメージ図

 

 

中継機を複数台利用する導入イメージ図。構内を移動する作業員の携帯発信器を全ての中継機が中継できようにするイメージ図。
中継機を複数台利用する導入イメージ図。構内を移動する作業員の携帯発信器を全ての中継機が中継できようにするイメージ図。

 

建屋内の廊下、通路の曲がり角に中継器を設置して通信距離を伸ばす例。
建物内の壁が電波の遮断物になって電波が遠くまで届かない場合。廊下などの繋がった空間を使って迂回ルートを作って電波を遠くまで流すスペースとして利用するイメージです。
建物内の壁が電波の遮断物になって電波が遠くまで届かない場合。廊下などの繋がった空間を迂回して電波を遠くまで流すスペースとして利用するイメージ

 

 

別棟の建物間で無線通信を行う場合のイメージ図。工場から事務長へ通報。
発信側の建屋の壁自体が電波を遮断する可能性があります。発信側工場の外壁、窓ガラス付近に中継機を設置して、中継機から事務所の外壁の受信アンテナに電波を送るイメージ図。
窓ガラス越しに事務長の独立受信アンテナに電波を送るイメージです。
窓ガラス越しに事務長の独立受信アンテナに電波を送るイメージです

 

 

1系統(チャンネル)に複数台の中継機を入れてのご利用も可能です。
1系統(チャンネル)に複数台の中継機を入れてのご利用も可能です。

ご予算とお問い合わせ

(単価-消費税別価格)
1.携帯式ジャイロセンサー発信器 1個62000円
2.警報表示盤(1チャンネル用、独立受信アンテナ付属)1台215000円
3.警報表示盤(4チャンネル用、独立受信アンテナ付属)1台270000円
4.中継機1台155000円(※必要時)

 

個別にお見積もりをさせていただきます。お見積書の作成は無料です。

 

本商品は完全受注生産品のため、納期は御注文後2〜3週間前後のご猶予をお願い申し上げます。
完全受注生産品のため、発注後の返品はご遠慮をお願い申し上げます。
商品についてのご質問とお問い合わせ、御注文は下記のお問い合わせ欄をご利用ください。

 

故障の際の対応−故障機器を宅配便にてご送付いただきます。
本製品は安全用補助装置としてご利用ください。 万が一動作不良や誤作動によってもたらされた損害につきましては 原因に種類に関わらず弊社は責任を負うことはできませんのでご了承をください。

 

スマートホンからのお問い合わせご質問
スマートホン、iPhoneからの商品のお問い合わせは下のお問い合わせボタンをクリックしてください。

 

お問い合わせこちらをクリックしてくださいこちらをクリックしてください。
商品のお問い合わせとご注文は上の、お問い合わせ、のボタンをクリックしてください。お問い合わせ欄が開きます。パソコンからご覧の方も御利用いただけます。

 

バッテリを内蔵した製品を沖縄県や離島に発送させていただく場合には運送会社の判断で船便扱いになる場合がございます。この場合、商品にお届けまで通常よりもお時間をいただく場合がございます。

 

本製品は電波を使う商品ですので、ご利用いただく建物の材質や間取りで通信距離が標準と変わる場合がございます。
事前にお客様の建物で動作テストが出来るデモ機をご用意できますので、こちらの方もご検討をいただければと存じます。デモ機は1週間無料で貸し出しいたしております。
※デモ機をご返却の際の宅配料金のみご負担をお願い申し上げます。

 

 

商品のお問い合わせ先はこちら。
株式会社 LIBERO (リベロ)
担当 中田
〒937-0811 富山県魚津市三田3507-2
TEL:0765-24-2816
FAX:0765-24-2793
post@anzen-mail.com

 

 

【個人情報の取り扱いについて】
お名前、住所、メールアドレス、内容などプライバシーに関連するものは差し出し人の許可なく外部へは漏らしたり転用したりするような事はございません。

 

パソコンから閲覧用のさらに詳細な商品説明のホームページはこちらをクリックしてください。
パソコンから閲覧用のさらに詳細な商品説明のホームページはこちらをクリックしてください。

 

 

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置へのご質問と回答、Q&A集。

 

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の利用例と導入例、ご相談例。

商品への質問

質問1.電気炉で夜間一人作業する作業員の安全対策と社外への緊急連絡装置を探しています。
当、一人作業緊急無線通報装置の警報盤に、固定電話回線を使った自動電話通報装置、もしくはショートメールを使った自動通報機、を接続して担当者の携帯電話に直接緊急通報する方法がございます。

 

質問2.警報表示盤(受信盤)に接点出力端子を付けることはできますか?
追加加工で可能です。受信盤の中に、一人作業緊急通報装置の警報が作動したときに、無電圧a接点出力端子、DC12V出力端子を受信盤に増設して製作する事が可能です。

 

質問3.4ch警報表示盤に登録された発信機のグループを変更出来ますか?
可能です。
警報表示盤の中のスイッチ操作で警報盤のメモリに登録された携帯発信器の内容を一旦抹消します。改めて1チャンネル〜4チャンネル毎にお手元の携帯発信機を登録すると、ご希望のグループ登録内容になると思います。

 

質問4.4チャンネル警報表示盤の1〜4チャンネルに振り分けて発信機を追加登録出来ますか?
出来ます。
4チャンネル警報表示盤の1チャンネル〜4チャンネルのそれぞれのLEDの窓に振り分けて発信機を追加登録出来ます。登録出来る発信機の総数は全てのチャンネルを合算して最大30個までです。

 

1台の4チャンネル用警報表示盤に合計16台の発信機を追加登録する例。
1チャンネル 発信機2個登録済み
→ 発信機1個追加。合計発信機3個。

 

2チャンネル 発信機1個登録済み
→ そのまま。合計発信機1個。

 

3チャンネル 発信機4個登録済み
→ 発信機3個追加。合計発信機7個。

 

4チャンネル 発信機3個登録済み
→ 発信機2個追加。合計発信機5個。

 

質問5 警報表示盤(受信盤)に接点出力端子を付けることはできますか?
受信盤の中に、一人作業緊急通報装置の警報が作動したときに、無電圧a接点出力端子、DC12V出力端子を受信盤に増設して製作する事が可能です。

 

質問6 工場の大きさは東西南北でおおよそ50mほどです。工場内は鉄板張りですが発信機からの電波の遮蔽の可能性はあるでしょうか?中継器が必要ですか?
電波の届く距離は100〜120m前後が目安となっていますが、建屋内ではフロア内の壁や柱、機械、商品などの配置などで携帯発信器から見て警報受信警報盤が陰になり、 電波の届かないエリアが出てくる可能性がございます。このような場合には、 携帯発信器を装着する作業員の行動範囲を検討して、中継機を含めた機器構成でのご検討をおすすめいたします。

 

質問7 3階建ての工場で1人作業用の緊急通報システムを検討しています。
中継機と使うと利用できる範囲を広げることができます。吹き抜け部分の階段室などに中継機を配置すると電波が遠くまで届くようになります。ご利用方法は個別にご相談ください。

 

質問8 作業員が増えることになりました。携帯発信器を増やす事はできますか?
警報盤の中に登録ユニットが内蔵されていますので、そちらの操作で、新規の携帯発信器の登録や抹消の操作ができます。作業は簡単です。

 

質問9 防爆仕様の機器はありますか?
今のところ防爆仕様の機器はご用意できておりません。

取付上のご注意

携帯発信器と受信盤は同一フロア内ですとよく送受信できます。

 

携帯発信器は建物の外、受信盤が建物の中の場合は建物の壁が電波を遮断しますので動作が難しくなります。その場合、受信盤に付属の独立した受信アンテナを建物外に出すと、通信しやすくなります。

 

独立受信アンテナはできるだけ見通しのいい位置に取り付けてください。

 

独立受信アンテナは金属面やコンクリート面からできるだけ離れた位置に設置してください。

 

携帯発信器が受信アンテナ、もしくは中継機から見て、金属(壁、機械、商品棚など)の影になる位置がある場合は、送受信環境を予め確認してから設置してください。

 

シールドルームや地下室など電波の伝播状況がよくない場所は中継機導入のご検討をお願いします。

自動電話通報装置とセッットのご利用法方

休憩事務所に設置してありますが、現在ほとんど人がいないのが現状で、個人持ちの携帯電話に、異常時の受信が飛ぶようにしたいのですが可能でしょうか?

 

お手元のジャイロシステムの警報表示盤に、以下のような自動通報装置を接続してご利用いただくことができます。
※自動通報装置は別商品となります。

 

 

接点信号監視自動電話通報装置
固定電話回線を使った緊急連絡システム。既設の電話回線(外線のみ)に繋げて通報、通報先に音声アナウンスを流します。
https://www.anzentaisaku.com/s-denwa/index.htm

 

 

接点信号監視用ショートメール自動通報装置
通報機の中にNTTドコモのSIMカードを挿入してショートメールを発信します。
https://www.anzentaisaku.com/s-mail3/index.htm

 

 

ご注意点ですが、上のような通報装置を新規に繋ぐこととなりますと、表示盤の中に信号出力端子が必要となります。
お手元の表示盤を1週間程をお預かりして改造が必要となります。

 

page top