無線システムや通報機、警告装置を使った労働災害防止システム>> プランニング>>

落石センサーが落石を感知すると携帯電話へ自動的に電話がかかってくるシステムはありませんか?



落石センサー警報機内部に携帯電話機を使った自動通報システムを追加します


センサーの中の携帯電話

落石センサーの警報機内部に携帯電話機を使った自動通報システムを追加加工します。

警報機の中に発信用の携帯電話を1台埋め込みます。
ワイヤーセンサーが反応すると、アラーム音を発すると同時に 内蔵した携帯電話に登録されている電話番号へ自動的に電話をかけてきて、 センサーの異常を知らせるアナウンスが流れてきます。
通報先の電話番号は1カ所でです。

発信用に使用出来る携帯電話は、docomoとsoftbank。
※使用出来る機種が限られていますので個別にお問い合わせください。

通報を受ける側はau、softbank、固定電話、何でもokです。
通信料金ですが、本システムの自動通報は通常の電話(会話)を使用しております。
※携帯メール(パケット通信)ではありません。携帯電話の通信料は一般の通話料金のプランとなります。


警告音、回転灯ともセンサー内蔵の充電式バッテリで駆動します。 現地で問題になる、電源配線工事の心配がありません。
電気の引かれていない山間地などでもご利用いただけます。



金具や滑車でワイヤーが弛まないように支持してください。 ワイヤーはUターンしてくるので長さの半分先まで引っ張れることになります。



センサーが感知すると、一定時間、回転灯が作動します。
センサー本体の大音響アラーム。 警報音は100db。
警報音と同時に回転灯が作動します。内蔵の充電式バッテリで駆動しますので移動も簡単。




電線ワイヤー。1本長さ10m。
10mワイヤーを繋ぎながら監視する距離を調整していきます。
ワイヤーの弛みをとるためのホルダ付き。


電線ワイヤーに市販のナイロン製ネットを絡めた例。
ネットの隙間をくぐりながら電線を張っていきます。


 商品の詳しい内容はこちらをご覧ください
商品の詳しい内容はこちらをご覧ください。


バッテリ式落石警報機
バッテリ式落石警報機
山中や法面工事の作業中の安全対策に、電気のない場所でも使用できる落石警告装置。
地滑りや落石などでワイヤーが数p引かれたり断線するとこれを感知し警報音と回転灯を作動させて警告を発します。 センサー内部の充電式バッテリで駆動しますので電源工事の心配がありません。 ワイヤーの長さは10mの電線ワイヤーつなぎ合わせて調節できます。


本警告装置のワイヤーと市販のビニルネットを使って落石をセンサーで感知します。バッテリ式落石警報機
本警告装置のワイヤーと市販のビニルネットを使って落石をセンサーで感知します。

バッテリ式落石警報機の警報装置とLED回転灯
バッテリ式落石警報機の警報装置とLED回転灯。






(C)Copyright 無線システムや通報機、警告装置を使った労働災害防止システム.com. All rights reserved.
無断転載を禁止いたします。




..